■プロフィール

誰得・らくだ

Author:誰得・らくだ
ブログへようこそ!

■カテゴリ
■最近の記事
■最近のコメント
■フリーエリア

■月別アーカイブ
■最近のトラックバック

■フリーエリア

■リンク
■メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

■ブログ内検索

■RSSフィード
■ブロとも申請フォーム
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
追跡者 Pain型 自分へのスクリーンショット
基本的には 怪封の廃墟型の場所移動イベントに手を加え、出現管理イベントを
追加した物になる。

painzu1.jpg



場所移動イベント

baidou1.jpg
この赤く塗った場所移動イベントで下の画像の部屋へ場所移動する




baidou2.jpg

上の画像の逃げ部屋移動数という変数は、追跡者から逃げ切った時の処理に
使用する。





出現管理イベント

shutugenkanri1p.jpg
shtugenkanri2pのコピー

画像一枚目(このイベント1ページ目)
追跡者が出現するまでの時間を 減らしていく処理。
減っていく変数の数値が 0 になると追跡者が出現。
出現と同時に逃げ部屋移動数(逃げる部屋の数) をが4~8部屋に設定する処理もしている。
追跡カウントdのスイッチをoffにする。(この出現管理イベント発動のスイッチでもある。)

画像二枚目(このイベント2ページ目)
追跡者が出現している時に、このイベントページ2の状態になる。

条件分岐の逃げ部屋移動数は、追跡者出現時に4~8部屋に設定され
上記の場所移動イベントで-1ずつ減っていくように設定している。
つまり逃げ部屋移動数が0になるとこの条件分岐イベントが発動する。
イベントページ1の発動スイッチをonにして追跡者出現スイッチをoffにする。
逃げ切った後なので、次に追跡者が出現するまでの時間を設定しておく。
スイッチによりイベントページは1に戻り、追跡者出現までの時間が
カウントダウンされていく…。この1ページと2ページが繰り返されるように
作る。

本当の所、未だに 追跡者の作り方がよく分からないんです。
このタイプの追跡者は今後 登場させるかどうかは分からないです。
スポンサーサイト
ゲーム製作 | 01:25:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。